Twitter

会津トレイル

会津をゆっくり感じ、じっくり知る「歩く旅」

会津トレイルAbout the Aizu Trail

福島県西部に広がる会津地方は、広大な森林と変化に富んだ山や川、希少な動植物など、豊かな自然に恵まれています。また、農村には、自然と人の暮らしが織りなす里山の風景が残されています。「会津トレイル」は、趣のある集落道や田園風景が広がる里山の道、かつての街道など、会津の自然や独自の文化、そこに暮らす人々の温かいもてなしを感じることができる「道」をつないでいます。ぜひ、歩くスピードで、豊かな会津を肌で感じてください。

会津トレイルを歩くWalking the Aizu Trail

檜枝岐村ルート尾瀬・檜枝岐エリア

山人の伝統と尾瀬の大自然をめぐる旅

只見町ルート只見柳津エリア

水源の森と里の風景をめぐる「歩く旅」

三島町ルート只見柳津エリア

桐の里と川の風景をめぐる旅

檜枝岐村ルート

檜枝岐に根付く山人の伝統に触れ、峠を越えて尾瀬の湿原と山々が織りなす広大な景色を楽しむ

檜枝岐村ルートの基本情報

ルート全体の距離 :約13.8km

集落めぐりコース(約5.3km・片道約2時間30分)

尾瀬国立公園の玄関口。鎮守の森の歌舞伎舞台など、厳しい自然と共に生きてきた山村独自の知恵や文化を知り、集落のたたずまいをめぐるコース。
難易度 ★(一般向け)
最寄りの交通機関・駐車場
道の駅「尾瀬檜枝岐」駐車場・バス停
ミニ尾瀬公園駐車場・バス停

尾瀬沼・会津沼田街道コース(約8.5km・片道約4時間)

自然道の残るかつての街道で沼山峠を越え、大江湿原の木道を歩きながら、尾瀬沼と周囲の深い山々の広大な景色を楽しむ登山コース。
難易度 ★★(登山初級~中級者向け)
最寄りの交通機関・駐車場
七入駐車場・バス停
パンフレット(PDF)

檜枝岐村は会津地方の西南端に位置する尾瀬国立公園の福島県側の玄関口です。東北最高峰の燧ヶ岳や会津駒ヶ岳など2000m級の山々にぐるりと囲まれ、村の標高は900mを越えています。平地が少なく日照時間が短いため米を作れず、昭和30年代までは畑の近くに建てた「出作り小屋」に家族で住み、ソバなどを育てていました。出作り小屋に出かける5月と村に帰ってくる8月に人々は集まり、豊穣の祈りと再会の感謝を込めて鎮守の神に奉じたのが檜枝岐歌舞伎です。すべて村人で支えられる歌舞伎の技と精神は、代々親から子へと受け継がれ、村の暮らしを伝えています。

山懐に抱かれた檜枝岐村

中土合公園展望台からは、
深い山間にたたずむ村を一望。
赤さび色に塗られた屋根が美しい。

会津沼田街道

かつて交易路として使われていた
会津と上州を結ぶ古道。
七入から沼山峠間は、
今も沢沿いに自然道が残されています。
途中の抱返ノ滝は優雅な表情。

大江湿原

尾瀬沼周辺で最も広大な湿原。
湿原植物が季節ごとの表情を見せてくれます。
会津トレイル「只見柳津エリア」を流れる
只見川の源流部でもあります。

このルートに関する問い合わせ先

尾瀬檜枝岐温泉観光協会

〒967-0527 福島県南会津郡檜枝岐村字見通1155-1
TEL.0241-75-2432/FAX.0241-72-8010

只見町ルート

巨大なダムを眺めて、奥深い水源の森の連なりを感じ、自然と共に生きてきた町の人々の歴史を学ぶ

只見町ルートの基本情報

ルート全体の距離 :約15.3km

要害山コース(約3.1km・約2時間)

短いながらもピリリと険しい山道。振り返れば広がる集落の眺望がご褒美です。豪雪に削られた痩せ尾根やブナの大木など、只見ならではの山容を体験できる登山コース。
難易度 ★★(登山初級~中級者向け)
最寄りの交通機関・駐車場
只見駅、只見町観光まちづくり協会駐車場

只見湖・集落めぐりコース(約12.2km・約3時間30分)

ユネスコエコパークにも認定された豊かな森と清らかな水に恵まれた緑と水の里をひとめぐり。巨大なダムを展望し、展示施設にも立ち寄って町の歴史や自然を学びながら歩こう。
難易度 ★(一般向け)
最寄りの交通機関・駐車場
只見駅、只見町観光まちづくり協会駐車場
パンフレット(PDF)

只見町は会津地方の西端、新潟県との県境に位置します。標高1,000m級の山々に囲まれ、尾瀬を源流とする只見川と伊南川沿いに集落が集まっています。山々にはブナの原生林をはじめ、ミズナラ、トチノキなどの広葉樹林が広がり、秋には鮮やかに紅葉して木の実を着け、多くの生物の生命を育んでいます。冬。深い雪は山肌を削り、山を険しいものにしますが、栄養たっぷりの水となって川を流れ、春からは里の美味しいお米や野菜を育みます。豊富な水を利用して、戦後に「田子倉ダム」「只見ダム」などが建設されました。豊かな自然と人造湖とのコントラストも町の魅力です。

只見ユネスコエコパーク

2014年に登録。
「雪食地形」や「モザイク植生」など、
豪雪がつくりだす特徴的な自然環境と、
その中で育まれた文化を守り続けています。

只見湖

只見ダムは只見湖からの落差約20mを利用し、375立方メートル/秒の水を流し発電。
只見湖では、ルアーフィッシングも盛んです。

叶津番所(旧長谷部家住宅)

江戸時代後期の建造。会津と越後を結ぶ
「八十里越」の番所として使われていました。県重要文化財。

このルートに関する問い合わせ先

只見町観光まちづくり協会

〒968-0421 福島県南会津郡只見町只見字上ノ原1791-6
TEL.0241-82-5250/FAX.0241-82-5810

三島町ルート

只見川と橋梁が織りなす風景を眺め、里山の自然とそこに根ざす暮らしを知る

三島町ルートの基本情報

ルート全体の距離 :約16.5km

三島町・沼田街道コース(約5.2km・片道約3時間)

鉄道ファンに人気の第一只見川橋梁を俯瞰したあと、巡見使も歩んだかつての古道をめぐります。三島町の歴史と豊かな自然を楽しむハイキングコース。
難易度 ★★(登山初級~中級者向け)
最寄りの交通機関・駐車場
会津宮下駅、三島町観光協会駐車場

集落めぐりコース(約11.3km・約3時間30分)

「日本で最も美しい村」をめぐるコース。会津宮下駅を起点に、只見川の水面を間近に眺めつつ、小さな集落群のたたずまいを訪ねます。季節ごとの変化も見もの。
難易度 ★(一般向け)
最寄りの交通機関・駐車場
会津宮下駅、三島町観光協会駐車場
パンフレット(PDF)

三島町は、会津地方の中西部に位置し、尾瀬を源流とする只見川沿いに集落が点在する山間の町です。只見川沿いにはJR只見線が走り、渓谷の自然と集落の暮らしに寄り添って四季折々の風景を生み出しています。冬は積雪が二メートルを超えることもある豪雪地帯で、冬場の手仕事として野山の素材を使い籠などの民具を作る技が連綿と受け継がれてきました。「会津桐」の産地でもあり、春には町のあちこちで薄紫の花を咲かせます。民具作りや「三島のサイノカミ」をはじめとする民俗行事など、自然と共にある文化を守り継いできた町は、「日本で最も美しい村」連合にも加盟しています。

只見川と第一只見川橋梁の風景

町内を流れる只見川にはJR只見線の橋梁が3つ架かり、川沿いの自然や集落のたたずまいと相まって独特の美しい風景を生みだしています。

三島のサイノカミ

毎年1月15日、五穀豊穣や無病息災、厄落としなどを祈願して行われる小正月の火祭り。
町内の各地区で神木に火が灯されます。
国指定の重要無形民俗文化財。

奥会津編み組細工

いにしえより受け継がれる民具作り。
材料はヒロロやマタタビ、
山ブドウの蔓などの野山の恵み。
国の伝統的工芸品に指定されています。

このルートに関する問い合わせ先

三島町観光協会

〒969-7511福島県大沼郡三島町大字宮下字宮下214-5「からんころん」内
TEL.0241-48-5000/FAX.0241-42-7072

TOPへ
戻る